« 米中の貿易戦争が一線を越えてきた | トップページ | 愚民政策の影響で韓国経済にGDPが抜かれる可能性が出てきた »

2019年8月17日 (土)

トランプ氏が仕掛けた中国との貿易戦争で世界経済の雲行きが晴れない

 

 米株式相場が急落したのはトランプ大統領の高圧的な外交姿勢が
   米国経済へ災い
となる可能性が高まり、投資家心理を悪化させたことが背景だが、トランプ氏が仕掛けた中国との貿易戦争で世界経済の雲行きが晴れない中、この日の金融市場は大混乱に見舞われた。
 
 債券市場でもリセッション(景気後退)が近いとの兆しが見られ、株価が急落していた。

 ユダヤ系資本でもあるウォール街の代表的銀行3行の最高経営責任者(CEO)から説明を受けたことが明らかになった。
 
 この電話会議に参加したのはJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン、バンク・オブ・アメリカ(BofA)のブライアン・モイニハン、シティグループのマイケル・コルバットの3氏だった。

 3氏はワシントンでムニューシン米財務長官と銀行の守秘義務やマネーロンダリング(資金洗浄)に関し会合中だった。
 
 この会合は、事前に予定されていたもの。
 
 CEOらは電話会議で、ニュージャージー州のゴルフリゾートに滞在中のトランプ氏に状況を説明したという。
 
 トランプ氏が仕掛けた中国との貿易戦争で世界経済の雲行きが晴れない中、この日の金融市場は大混乱に見舞われた。
 
 債券市場でリセッション(景気後退)が近いとの兆しが見られ、株価が急落していた。

  
 なお、モイニハン氏は16日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、混乱は
   米国外の問題
が引き起こしたと指摘し、景気後退リスクは低いと続けた。
 
   

« 米中の貿易戦争が一線を越えてきた | トップページ | 愚民政策の影響で韓国経済にGDPが抜かれる可能性が出てきた »

出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米中の貿易戦争が一線を越えてきた | トップページ | 愚民政策の影響で韓国経済にGDPが抜かれる可能性が出てきた »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ