« 嘘をつく韓国が信頼できるか? | トップページ | 最新のデータで韓国の人口動態見通しは暗い »

2019年8月29日 (木)

自由な言論を押させ込もうとする韓国メディア

 

 韓国メディアの韓国日報は、ソウル大学名誉教授の
   李栄薫(イ・ヨンフン)氏
ら6人が執筆した書籍「反日種族主義」について「韓国社会に反日や仇日の感情がまん延しやすい原因が、韓国社会がこれまで日本による
   植民統治の歴史
を歪曲してきたことにあると指摘した。
 
 韓国人は政府が軍事独裁で多くの権益をグループで私物化するための方策として「親日は悪、反日は善」という全く根拠のない世界観を作り、注目を浴びないように画策し、反日教育を義務教育などで繰り返し虚偽の情報を植え込まれ洗脳された旨主張している。
 
 また、同著には慰安婦や徴用工の問題について、日本軍による強制性を否定する内容が記され、反日思考の背景を考えさせるものであった。

  

   

« 嘘をつく韓国が信頼できるか? | トップページ | 最新のデータで韓国の人口動態見通しは暗い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嘘をつく韓国が信頼できるか? | トップページ | 最新のデータで韓国の人口動態見通しは暗い »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ