« 反日政策を続ける韓国の企業を手助けする様な売国奴のような日本の金融機関は不要 | トップページ | 本性を表し始めた »

2019年8月 5日 (月)

電子子商取引(EC)やビッグデータなどの注目分野の資金調達は相対的に活発化

 

 中国の投中研究院は2019年第2四半期(4~6月)インターネット業界投融資リポートで、中国のインターネット業界の投融資市場活発度は前年同期比でやや下がったが、資金調達件数は第1四半期と比べやや伸びたことを明らかにした。

 第2四半期、中国インターネット業界の合併・買収(M&A)市場の取引完了件数は前年同期比50%減の27件だった。
 
 ただ、公開されたM&A金額は45・25%増の66億3900万ドルだった。
 
 投中研究院は、M&A金額の大幅増は主に、世紀華通による盛躍網絡の完全子会社化などの大型案件の影響によるものだとし、インターネット業界の資源統合が進むにつれ、大型M&Aが続出していると指摘した。

 リポートによると、第2四半期のインターネット業界の資金調達件数は172件、融資総額は50億5900万ドルで、第1四半期の157件、19億4700万ドルを上回った。
 
 なお、前年同期比ではいずれも20%超の大幅減になった。

 

  

 

 

« 反日政策を続ける韓国の企業を手助けする様な売国奴のような日本の金融機関は不要 | トップページ | 本性を表し始めた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反日政策を続ける韓国の企業を手助けする様な売国奴のような日本の金融機関は不要 | トップページ | 本性を表し始めた »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ