« 日中韓の製造業の覇権争いが加速 | トップページ | 自己中の韓国との話し合いは時間と経費の無駄遣いにほかならない »

2019年8月27日 (火)

韓国 第二四半期に世界のテレビ市場で出荷量(数量)基準のシェア率31.9%を記録

 

 グローバル市場調査企業
   IHS Markit(マークイット)
の調査で、韓国は今年4~6月期に世界のテレビ市場で出荷量(数量)基準のシェア率31.9%を記録し、世界1位となった。

 なお、今年第一四半期に韓国を抜いて史上初めて世界のテレビ出荷量1位に躍り出た中国は30.8%で2位となった。

 日本は1~3月期よりも下落して12.2%を記録した。

 世界最大のテレビ市場である北米(米国・カナダ)では、中国テレビメーカーのシェア率は第一四半期に32.6%に上昇していたが、4~6月期には20.5%に急落した。

 中国テレビの牙城が3カ月天下に終わった理由は、中国テレビを代表するTCLが米中貿易戦争が激化した結果、北米市場で振るわなかったため」と指摘した。

 TCLは「放出戦略の効果」で1~3月期に高い人気を獲得していた。

 業界によると、中国テレビメーカーは1~3月期に北米流通店に供給する出荷量を急激に増やした。

 米中貿易紛争で中国製品への関税引き上げに対する懸念から、中国企業がその前に安価で多くの物量を放出したもの。 

 TCLは1~3月期に世界で844万台のテレビを売るなど前年同期比32.5%増となる数値を記録した。
 ただ、営業利益率は15.1%と減った。

  

« 日中韓の製造業の覇権争いが加速 | トップページ | 自己中の韓国との話し合いは時間と経費の無駄遣いにほかならない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日中韓の製造業の覇権争いが加速 | トップページ | 自己中の韓国との話し合いは時間と経費の無駄遣いにほかならない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ