« 思い通りにはいかない | トップページ | 水面下の接触 »

2019年8月14日 (水)

反日政策を継続させるためあらゆるマイナス要因を日本の影響として情報操作する韓国

   
 シンガポール華字紙の聯合早報では、「紛争のエスカレートに伴い、日韓両国関係が急速に悪化している。過去半世紀余りで最低の水準まで落ち込んだと言える」と伝えた。

 
 韓国大統領の文氏は8日、日本が
   自由貿易の秩序
   国際的な分業の信用
を破壊しており、このやり方は日本の信頼を損ねると批判した。
 これに対し安倍氏は、問題の鍵となるのは「信用」と、国として相手国への約束を守れるかだと述べた。
 
 そもそも、日韓条約を一方的に反故にした韓国政府の反日的な政策が問題であり、これに対応した日本の措置は甘すぎる傾向が続いている。

 
 敵視政策を継続させてきた韓国が「ホワイト国」などといったものに引き上げてきたことがお馬鹿だろう。

 韓国政府の反日教育の浸透で扇動的な発言で「瞬間湯沸かし」のごとく反応する
   憤怒する一部の韓国人
は文政府の意のままに、来年の大統領選挙の選挙対策の工作を受けて日本製品不買活動を開始し、韓国メディアで繰り返し世論への情報操作が行わている。
 
 この日本製品不買活動にはビール、衣料品、訪日旅行が含まれる。
 
 韓国政府の工作を受けた日本メディアの報道では、韓国人消費者の不買運動により、日本のアパレルブランドのユニクロはソウル市街地の専売店の閉鎖を検討中といったネガティブな情報を垂れ流している。
 なお、日本車の韓国での販売台数も7月に大幅に減少したが、景気後退の韓国の失業率の大幅上昇などを見れば、懐に金がなくなっている現実を示したものに過ぎない。
 
 反日政策を継続させるためあらゆるマイナス要因を日本の影響として情報操作しており、文政権が支持率を確保して次期大統領選挙に勝ち抜くためなりふり構わずの暴走が始まっている。

 トランプ氏は米国に問って武器を売り込む金の成る木でもある日韓に対して二国間関係の改善を呼びかけた。
 
 日韓関係の緊張により米国の立場が不利になると主張した背景だ。
 
 トランプ氏はホワイトハウスで、記者団を前にし「韓国と日本はケンカばかりだ。我々が不利な立場にならないよう、しっかり付き合う必要がある。彼らは同盟国であるはずだ」とリップサービスした。
  

 

   

« 思い通りにはいかない | トップページ | 水面下の接触 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思い通りにはいかない | トップページ | 水面下の接触 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ