« 北朝鮮は24日、2発の弾道ミサイルを相次いで発射した。 | トップページ | ウソでは真実はいつまでも隠せない »

2019年8月28日 (水)

「戦略物資および技術の輸出統制」という業務契約をしただけのこと。

 

 韓国戦略物資管理院は、米エネルギー省国家核安保局と
   戦略物資および技術の輸出統制
に協力することで業務協約を結んだ。
 
 日本は、韓国の戦略物資輸出管理が不十分だと指摘し
   ホワイトリスト
から排除するなど輸出統制を強化した。

 戦略物資管理院は26日、核拡散防止などの業務を担当する
   米国家核安保局
と国連(UN)安保理決議1540号(大量破壊武器の拡散禁止に関する決議)履行強化のための業務協約を結んだことを明らかにした。
 
 戦略物資管理院は、戦略物資・技術の判定、教育、政策研究、国内外協力、国際社会制裁案内、広報などをする産業通商資源部傘下のその他公共機関。
 
 この締結した協約により両者は、産業と軍需の両方に使われる
   二重用途戦略物資
の輸出統制能力向上のために主な情報を相互に提供し、専門性向上のためのセミナーを共同開催したり、輸出統制専門担当者を交流するなどの協力をすることになる。

 パン・スンジャ戦略物資管理院長は今回の業務協約締結は、戦略物資の輸出統制先導国という韓国の地位を確認する契機になるだろうとメディアの取材で話した。
 
 
ひとこと
 
 単に日本から指摘された事項を証明するために「戦略物資および技術の輸出統制」という業務契約をしただけのこと。

 これまで、現状適切に管理されているという主張の根拠にもならない。
 また、業務委託契約ということであれば韓国が金を払ってくれる客ということになる。

 
 そもそも、ホワイト国の指摘が間違いであり、日本の領土「竹島」を侵略し続けている事項を考えれば、ランクBなども不適等であり、敵国にあたる措置を講じるべきだろう。
 
 
    

« 北朝鮮は24日、2発の弾道ミサイルを相次いで発射した。 | トップページ | ウソでは真実はいつまでも隠せない »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ