« 素行不良の仲間も同じ結末になる可能性は? | トップページ | フィラデルフィア地区連銀総裁 利下げは支持せず »

2019年9月30日 (月)

独立して国益を守るべきだろう

 

 米国務省のナッパー副次官補は25日、ソウル市内で開かれた国際会議で講演し、韓国が日本との
   軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了
を決めたことについて、「米国の最大の友好国である韓国と日本の関係が悪化する状況が非常に懸念される。
 この状況が安保問題にも影響を与えているとして、「決定が覆されることを望む」と述べた。
 
 
ひとこと
 
 米国の懸念は日本が米国の支配下から離脱することだろう。
 
 
   

« 素行不良の仲間も同じ結末になる可能性は? | トップページ | フィラデルフィア地区連銀総裁 利下げは支持せず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ