« イスラエルがホワイトハウス近くでスパイ活動 | トップページ | 韓国政府の傲慢な姿勢をより強く意識づけ »

2019年9月19日 (木)

責任回避の意味もあるのかも

 

 サウジアラビアの軍関係者は16日、国営石油会社サウジアラムコの石油施設に対する攻撃ではイランの兵器が使用されたことが暫定調査に示されたと述べた。
 なお、イランが攻撃に直接関与したとの言明は控えた。

 イエメン暫定政権を支援するサウジ主導連合軍の
   マリキ報道官
は、攻撃はイエメンを起点としたものではないとリヤドで記者団に述べた。

 

ひとこと

 イエメンからの攻撃には対処できるが他の場所からの攻撃は対処できないということ?

 

   

« イスラエルがホワイトハウス近くでスパイ活動 | トップページ | 韓国政府の傲慢な姿勢をより強く意識づけ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ