« 独立して国益を守るべきだろう | トップページ | 資本の移動を制限する動き »

2019年10月 1日 (火)

フィラデルフィア地区連銀総裁 利下げは支持せず

 
 フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は27日、ニューヨークで講演し、企業の投資が鈍化して下振れリスクがある状況だが、米K二経済が力強いことから、先週の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを支持しなかったことを明らかにした。

 講演で「私自身の見解はわれわれが現状を維持し、事態が落ち着いて、どのように展開するか見守るべきだということだ」と語った。

 また、労働市場の「驚くほどの強さ」を指摘し、利下げが米経済に大きな影響を与えるか疑問視した。
 
 
    

« 独立して国益を守るべきだろう | トップページ | 資本の移動を制限する動き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独立して国益を守るべきだろう | トップページ | 資本の移動を制限する動き »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ