« 米国が韓国から米軍を引き上げる可能性 | トップページ | 子供だましの水準 »

2019年9月 4日 (水)

ハンバーガー・チェーン店の盛大なオープンイベントの方が韓国在郷軍人会の行事より価値がある。

 

 米国のハリス駐韓大使が29日、当初予定されていた
   在郷軍人会
の招待講演や対外経済政策研究院(KIEP)での行事日程をキャンセルし、米国の
   ハンバーガー・チェーン店
韓国シェイクシャック10号店の盛大なオープンイベントに参加していたことが明らかになった。
 
 ハリス大使は29日夜、自らのツイッターに投稿し「100%米国産のアンガスビーフを使ったおいしい米国ブランド・シェイクシャックにお祝いの言葉を伝える」と書き込んだ。
 
 また、ハンバーガーを手に驚いた表情の自らの写真も掲載した。
 
 ハリス大使がシェイクシャックに行くことも事前に予定され、米国企業関連のイベントに出席するのはごく自然なこと。


 ハリス大使は28日、韓国外交部(省に相当)の
   趙世暎(チョ・セヨン)第1次官
から外交部に呼びつけられ
   日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄の決定
について
   「米国は失望のコメントを自制してほしい」
と要求されており、直後に不満を間接的に伝えるため、29日午前に予定されていた在郷軍人会とKIEPでの講演などを相次いでキャンセルした。

    

   

« 米国が韓国から米軍を引き上げる可能性 | トップページ | 子供だましの水準 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国が韓国から米軍を引き上げる可能性 | トップページ | 子供だましの水準 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ