« 韓国製K-11小銃の性能は韓国らしい緩和基準で高評価 | トップページ | 中国の融資の伸びが拡大 »

2019年9月12日 (木)

政権内部の意見が対立

 
トランプ米大統領は月内にイランの
   ロウハニ大統領
との会談を実現させようと
   イランへの制裁緩和
を議論し、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の強い反対を招いたと、この事情に詳しい関係者がメディアの取材で明らかにした。

 この案は9日に大統領執務室での会合で浮上したもので
   ムニューシン財務長官
はイランとの交渉を再開する手段として支持を表明したという。
 
 その後、トランプ氏は同日遅くにボルトン氏の解任を決め、翌10日の発表に至った。
 
 

« 韓国製K-11小銃の性能は韓国らしい緩和基準で高評価 | トップページ | 中国の融資の伸びが拡大 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ