« 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 | トップページ | シカゴ地区連銀総裁 利下げの決定についてオープンな姿勢 »

2019年10月 6日 (日)

香港を巡り米国は中国に立ち向かうべき

 
 2020年の米大統領選挙で民主党候補指名を目指す
   エリザベス・ウォーレン上院議員
は米外交専門誌フォーリン・ポリシーに寄稿し、香港を巡り米国は中国に立ち向かうべきだと主張した。
 
 なお、寄稿文で葉中国を正すには、ご機嫌取りの首脳会談と抱き合わせたけんか腰のツイートや一般の米国民に負担をかける非協調的でしばしば逆効果となる関税以上のものが必要だと指摘し、香港問題に関する自らのプランの概要を説明した。

 

   

« 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 | トップページ | シカゴ地区連銀総裁 利下げの決定についてオープンな姿勢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 | トップページ | シカゴ地区連銀総裁 利下げの決定についてオープンな姿勢 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ