« 十数億の中国の人々の悲劇の根源 | トップページ | 大統領弾劾調査で疑惑の関連文書を提出するよう命じた。 »

2019年10月10日 (木)

会合ごとに金利を決める

 

 連邦準備制度理事会のパウエル議長は9月18日のFOMC後の記者会見で、当局は「会合ごとに金利を決める」と述べ、追加利下げは今後発表されるデータ次第だと言明した。
 
 なお、9月発表の最新経済予測では年内の追加利下げを予想したのはFOMC参加者17人中わずか7人だった。
 
 パウエル議長は10年にわたる景気拡大が後退局面に転じることのないよう保険として利下げを決めたと説明していた。

 それ以来、米国経済の先行きは経済指標の数値の悪化で暗くなっている。
 
 米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業総合景況指数は企業は米中貿易戦争や関税合戦を受けて投資を抑制したことが背景となり10年ぶりの低水準に落ち込んだ。

 また、ADPリサーチ・インスティチュートの2日のデータでは、米企業の雇用減速が示された。
 
 すそ野の広いフォード・モーターなどの自動車メーカーの四半期販売台数も懸念を強める内容となった。
 さらに、3日発表の非製造業の指数は3年ぶりの低水準だった。

 

  

« 十数億の中国の人々の悲劇の根源 | トップページ | 大統領弾劾調査で疑惑の関連文書を提出するよう命じた。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十数億の中国の人々の悲劇の根源 | トップページ | 大統領弾劾調査で疑惑の関連文書を提出するよう命じた。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ