« 自由に芸術活動は個展で発表すればいい | トップページ | 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 »

2019年10月 6日 (日)

弱い経済指標の発表相次ぐ米国

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、追加利下げについてコミットしていないが、経済指標の悪化や不安定な市場動向、トランプ大統領からの持続的なバッシングを受けて、3会合連続利下げを迫る一層大きな圧力に直面している。

 今週発表された製造業と非製造業、雇用のデータの落ち込みを受け市場では10月29、30両日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)での0.25ポイントの利下げ確率は87%程度と織り込まれ、9月30日時点の40%から上昇した。
 
 リセッション(景気後退)懸念が強まる中で米国株は3週連続安となるペース。

 

 

  

« 自由に芸術活動は個展で発表すればいい | トップページ | 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由に芸術活動は個展で発表すればいい | トップページ | 経済に何らかのバッファーを提供する方向に賛同 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ