« 合意なき離脱 | トップページ | 自由に芸術活動は個展で発表すればいい »

2019年10月 5日 (土)

短期金利の新たな指標

 

 欧州中央銀行(ECB)は2日
   短期金利の新たな指標
への移行を正式に開始し、不祥事で信頼に傷がついたロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の代替を模索する世界の監督当局に加わるという。

 この新たな指標金利は
   ユーロ短期金利(ESTR)
と呼ばれ、ユーロ圏の翌日物銀行間金利を反映するもの。
 
 ECBはウェブサイトで、1日の資金貸借取引に基づきESTRをマイナス0.549%に設定したと発表した。

 米英の金融当局は不正操作が問題になったLIBORなど従来の指標金利からの移行をすでに進めており、ユーロ圏はある意味で他地域に後れを取っていた。

   

 

« 合意なき離脱 | トップページ | 自由に芸術活動は個展で発表すればいい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ