« ふざけた主張を繰り返す韓国 | トップページ | 弾劾調査を巡ってトランプ氏にも証言の機会 »

2019年11月25日 (月)

笑ってしまう「傲慢な姿勢は変わらない?」

 

 韓国政府は22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、協定終了を停止すると発表した。
 
 韓国の文政権の思い上がった思考から出た戦略の破たんともいえるGSOMIAは23日午前0時に失効することになっていたが、土壇場で停止するという無様な醜態を晒した。
 
 また、日韓両政府は輸出管理の問題について協議を再開することも韓国のメディア向けに明らかにした。

 韓国大統領府の
   金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長
は同日の記者会見で、GSOMIAを終了する通告の効力をいったん停止すると発表した。
 同協定を韓国側がいかなる時点でも終了できるという条件を付けていると説明し、交渉に負けた印象を韓国民に与えない様な言い回しをしている。

 韓国側によると、韓国と日本両政府は双方が講じる措置を同時に発表することを決め、協定終了通告の一時停止を決定した。
 当然、不埒な行動を行った韓国政府の行為の修正については、日本政府も理解を示した。
 
 一方で、半導体やディスプレー生産に使用される材料3品目の日本による
   輸出管理厳格化
を巡る両国の協議中は、韓国が世界貿易機関(WTO)提訴プロセスをいったん停止することも決定した。
 
 WTO提訴プロセスでは韓国の主張は受け入れられる可能性は低く門前払いされる前に逃げ出したともいえる。
 
 
    

« ふざけた主張を繰り返す韓国 | トップページ | 弾劾調査を巡ってトランプ氏にも証言の機会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふざけた主張を繰り返す韓国 | トップページ | 弾劾調査を巡ってトランプ氏にも証言の機会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ