« 下院司法委員会で憲法学者3人が「トランプ氏は弾劾に値する罪を犯した」と証言 | トップページ | 米中が通商協議に合意できなければ12月15日から1600億ドル(約17兆3700億円)相当に15%の追加関税を課す構え »

2019年12月 8日 (日)

地下の石炭をガス化して採掘

 

 中国の内蒙古(内モンゴル)自治区オルドス市ジュンガル旗の
   唐家会鉱区石炭地下ガス化(UCG)技術工業化実証プロジェクト
が27日、正式に稼働開始を宣言した。

 UCG技術とは、地下の石炭の燃焼をコントロールしてガス化させ、石炭の熱作用及び化学作用を利用し可燃ガスを生産するプロセスのこと。
 
 この技術を使えば石炭を掘り出す必要がなく、人員も地下に潜る必要がないため大幅な費用の削減が出き、低コストで産業ガス及び化学工業合成用原料ガスが手に入る。


 華邦控股集団が出資する中為(上海)能源技術有限公司が2018年に同プロジェクトの建設を開始したもので今年10月末に順調に点火した。
 
 現在まで1カ月弱に渡り安定的に稼働しているという。

 

 

  

« 下院司法委員会で憲法学者3人が「トランプ氏は弾劾に値する罪を犯した」と証言 | トップページ | 米中が通商協議に合意できなければ12月15日から1600億ドル(約17兆3700億円)相当に15%の追加関税を課す構え »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下院司法委員会で憲法学者3人が「トランプ氏は弾劾に値する罪を犯した」と証言 | トップページ | 米中が通商協議に合意できなければ12月15日から1600億ドル(約17兆3700億円)相当に15%の追加関税を課す構え »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ