« 経済への節操のない恣意的介入は問題だ | トップページ | 成果の増産に邁進する見苦しい姿 »

2019年12月14日 (土)

淡い期待

 

 韓国大統領府青瓦台の報道官は10日、反日政策を継続する
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が、24日に中国・成都で開かれる
   日中韓3か国首脳会談
に出席するため23日から2日間の日程で中国を訪問する予定であると明らかにした。
 
 文大統領は、23日から1泊2日の日程で中国を訪問したうえ24日に開かれる日中韓首脳会談に臨むほか、中国の習近平国家主席、日本の安倍晋三首相と個別会談を行う方向で調整を進めているという。
 
 日中韓首脳会談では中国から李克强首相が出席する。
 
 このため、習主席との会談が決まれば文大統領は北京を訪問する可能性もあると伝えた。
 
 今回の日中韓首脳会談では、韓国が自己満足に日中韓3か国の未来志向の協力について重点的に協議すると報道したほか、北韓問題をはじめとする地域情勢などについても突っ込んだ意見交換が行われる見込みと意味のない内容を伝えた。
 
 文大統領は韓半島の完全な非核化と恒久的な平和体制の定着に向け3か国の協力について協議したい考えだが、嘘が多い韓国政府であり信頼性は日中政府にはない。
 
 

 

  

« 経済への節操のない恣意的介入は問題だ | トップページ | 成果の増産に邁進する見苦しい姿 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ