« 中国の外貨準備高は3兆956億ドル | トップページ | 日銀は対応を何も考えないのか? »

2019年12月12日 (木)

米国議会の調査を徹底的に妨害しようとしたり阻害したりした大統領は他にいない

 

 米国議会下院民主党は10日、トランプ大統領とウクライナとの関係に的を絞って、弾劾手続きを進めようとするペロシ下院議長をはじめとする同党指導部の方針を反映し、大統領の罷免に向けた弾劾条項として
   「権力乱用」
   「議会妨害」
の2つの項目を発表した。
 
 下院司法委員会ではこれら2つの条項をまとめた9ページの決議案を公表した。
  

  
 トランプ大統領が
   「個人の不当な政治的利益」
を得るため、国家安全保障などの重大な国益を無視したり害したりすることで大統領権限を乱用したと指摘した。
 
 決議案では大統領の議会妨害に関し、「共和国の歴史において、弾劾調査を完全に無視するよう命じるか、もしくは
   重大な罪および軽罪を調査する下院の権能
をこれほど徹底的に妨害しようとしたり阻害したりした大統領は他にいないと非難した。

 下院情報特別委員会のシフ委員長は、ペロシ議長らとともに臨んだ記者会見で、「大統領による不正行為の証拠は圧倒的かつ争う余地がない」と指摘し、「われわれが2020年に自由で公正な選挙を行うことができるかどうかという核心に触れるものだ」と続けた。

 

     

« 中国の外貨準備高は3兆956億ドル | トップページ | 日銀は対応を何も考えないのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の外貨準備高は3兆956億ドル | トップページ | 日銀は対応を何も考えないのか? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ