« 韓国原発から垂れ流されている汚染水の実態調査を要求すべきだ!! | トップページ | 反日政策がなくならない限り通商協議などはすべきではない »

2019年12月27日 (金)

張ったり

 
 米国のボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は23日、ツイッターで「米国が北朝鮮に最大の圧力をかけているとの考えは、残念ながら真実ではない」と強調し、トランプ政権の北朝鮮政策を
   「失敗している」
と批判した。

 対北朝鮮強硬派のボルトン氏は9月に解任されるまでトランプ政権中枢で外交・安全保障政策を担っていたが
   
 ボルトン氏はトランプ大統領との意見対立で解任されたものの、公の場での政権批判は異例となる。

 ツイッターでは政権に関し「北朝鮮の核兵器保有は容認できないと言うが、実際の政策と比べると大げさだ」と指摘した。

 

   

« 韓国原発から垂れ流されている汚染水の実態調査を要求すべきだ!! | トップページ | 反日政策がなくならない限り通商協議などはすべきではない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓国原発から垂れ流されている汚染水の実態調査を要求すべきだ!! | トップページ | 反日政策がなくならない限り通商協議などはすべきではない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ