« 「事後諸葛亮」は腐るほどいるが... | トップページ | 窃盗 »

2020年1月31日 (金)

同意書を出させるべきであり、同意しなければ送り返す方策もひとつだろう。

 

 加藤勝信厚労相は30日の参院予算委員会で
   新型肺炎
で封鎖された中国・武漢からのチャーター便による帰国者の中で
   検査を拒否
した2人について、公共交通を使わずに自宅に戻っており
   自宅待機
するよう要請したことを明らかにした。

 今回のチャーター便による帰国者に対しては
   日本国内で検査を受けること
を搭乗前に通知済みだが、今回の検査拒否者は「どうしても納得せず、これ以上わたしどもに法的権限がないため、自宅に戻った」という。
 
 加藤厚労相は2人は「自宅待機し、毎日健康状態をチェックし、連絡を取ることとした」と説明した。
 
 安倍晋三首相は検査拒否について大変残念だと述べた。

 

ひとこと

 そもそも、検査に関する同意書を提出した者のみ保護すべきであった。

 拒否する自由もあるが、国内に入れる便宜を図る必要はない。

 有事の邦人保護時にも同様の勝手気ままな輩が出てくるが、保護する優先度を考慮すべきだろう。

 

   

« 「事後諸葛亮」は腐るほどいるが... | トップページ | 窃盗 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「事後諸葛亮」は腐るほどいるが... | トップページ | 窃盗 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ