« 中国で原因不明のウイルス性肺炎 | トップページ | 米国大統領の暴走が懸念されてきた »

2020年1月 6日 (月)

ソレイマニ司令官暗殺でハッカーが米政府への報復を誓うメッセージを米政府機関のウェブサイトに掲載

 

 イランのハッカーと名乗るグループが4日、知名度が低い米政府機関の
   連邦政府刊行物寄託図書館制度(FDLP)
のウェブサイトに侵入し、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊の
   ガセム・ソレイマニ司令官
が米軍の空爆攻撃で暗殺されたことに対し、米政府への報復を誓うメッセージを掲載した。

 

 同サイトは、「イランのハッカーたち!」と題された黒一色を背にしたページに差し替えられた。

 

 表示された画像には、イランの最高指導者
   アリ・ハメネイ師
と同国の国旗が掲載され、ミサイルが飛ぶ中、イランから繰り出された拳でパンチを食らう暗殺を指揮した
   ドナルド・トランプ米大統領
を描しており、「殉教は、長年にわたる執念深い努力への褒美だ」「ソレイマニ氏の旅立ちと神の力によって、彼の業績と道のりが終わるということにはならない。汚れた手が彼や他の殉教者らの血で染まった犯罪者らには、重大な報復が待っている」とメッセージが書かれていた。
 さらに、同ページの別の箇所では、白い文字で「これはイランのサイバー能力のごく一部に過ぎない!」との主張も記されていたという。
           
     
    
   

« 中国で原因不明のウイルス性肺炎 | トップページ | 米国大統領の暴走が懸念されてきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国で原因不明のウイルス性肺炎 | トップページ | 米国大統領の暴走が懸念されてきた »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ