« 悪意ある思考が蔓延する韓国 | トップページ | マスクの正しい着け方 »

2020年1月24日 (金)

素行の悪さが端的に出た出来事

 

 大手経済紙の韓国経済新聞元主筆の鄭奎載(チョン・ギュジェ)氏が代表を務める
   ペンアンドマイク
によると、韓国政府が
   ドラえもんに酷似したキャラクター
を公開し、その後削除したことが韓国のインターネット上で話題となっていると伝えた。

 この記事によると、韓国の食品医薬品安全処(食薬処)は6日、ドラえもんにそっくりなキャラクター「シクヤクエモン(シクヤク=食薬の韓国式発音)」をFacebookやツイッターなどに掲載したが、批判を受けたためその後削除した。
 
 掲載されたのは韓国と周辺国の新年の食べ物を紹介するコーナーで、シクヤクエモンには「“どこにでも行けるドア”で周辺国ではどんなものが食べられているか見てみるモン!」とのせりふがつけられていた。

 同部関係者は削除した理由について「日本のアニメにそっくりなキャラクターを使用したことへの指摘が多く寄せられた」と説明した。

 
ひとこと
 
 韓国政府の思考のお粗末さを端的に表すものだ。
 
 
  

« 悪意ある思考が蔓延する韓国 | トップページ | マスクの正しい着け方 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悪意ある思考が蔓延する韓国 | トップページ | マスクの正しい着け方 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ