« 中国の為替操作国認定を解除 | トップページ | 中国と米国は貿易協議の次の段階に進む決意 »

2020年1月16日 (木)

スリナム沖の鉱区「ブロック58」にある油井「マカ・セントラル1」で炭化水素の存在を確認

 

 米国エネルギー大手アパッチとフランスの同業トタルは7日の共同発表資料で、スリナム沖の鉱区「ブロック58」にある油井「マカ・セントラル1」で炭化水素の存在を確認したと説明した。

 ジョン・クライストマン最高経営責任者(CEO)は発表資料で、初期のデータはブロック58には原油が豊富に眠っている可能性を示していると指摘した。
 
 調査で得られた画像は「大量の資源」の存在を示唆していると加えた。
 
   

 

« 中国の為替操作国認定を解除 | トップページ | 中国と米国は貿易協議の次の段階に進む決意 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国の為替操作国認定を解除 | トップページ | 中国と米国は貿易協議の次の段階に進む決意 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ