« 新型コロナウイルス、人から人への感染を確認 (中国) | トップページ | 中国 10-12月の国内総生産(GDP) »

2020年1月21日 (火)

女衒政治のリスク

 

中国・武漢で感染が拡大している
   新型コロナウイルス
による肺炎の感染者1人が韓国でも発症したことが確認された。
 
 韓国の疾病管理本部は20日、武漢から19日に韓国入りした中国国籍の女性1人が、新型コロナウイルスによる肺炎に感染したことが確認されたと発表した。
 
 
 この患者は、仁川空港の入国エリアで高熱などの症状を訴えたため、隔離され検査を受けたことで感染が解ったという。
 
 新型コロナウイルスによる肺炎の感染被害が拡大している中国武漢市では、2日間で感染者が136人に上り、3人目の死者も出た。
 中国のほかで感染が確認されたのは、タイ、日本に続いて韓国が3か国目で、感染者はいずれも中国人観光客だ。
 
 WHOは、今回の新型コロナウイルスについて、SARS=重症急性呼吸器症候群やMERS=中東呼吸器症候群のウイルスに似ている可能性があるという見方を8日、示した。
  

 
 
ひとこと
 
 発症者は発熱などで感染が確認できるが、発症していない保菌者の確認は不可能だ。
 保菌者が日本での観光中に発症した場合、隔離しても限定的であり、数万人が感染している可能性が出てくるが対応できる自信が政府にあるのかどうかだ。
 
 愚かな観光行政の目論見に日本国民の生命を危険に晒し、円安や低金利政策など日本人の濶を低くする「女衒政治」は早急に止めるべきだ。
 
 
   

« 新型コロナウイルス、人から人への感染を確認 (中国) | トップページ | 中国 10-12月の国内総生産(GDP) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルス、人から人への感染を確認 (中国) | トップページ | 中国 10-12月の国内総生産(GDP) »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ