« 日本人で初めての感染者 | トップページ | 中東和平案? »

2020年1月29日 (水)

新型肺炎を懸念する韓国で「中国人の入国禁止求め」54万人以上が署名? 

 

 新型肺炎の感染拡大を防ぐため、中国人の韓国への入国を全面的に禁止するよう韓国政府に求める申し立てに、28日までに54万人以上の署名が集まったという。
 
 韓国では、大統領府のホームページに国民がオンラインで希望を申し立てることができるサービスがある。
 
 1件の請願に対して20万人以上の署名集まると、政府は何らかの回答を正式に示すことになっているが反日政策を展開する際にも政治的な工作で繰り返し利用されてきた経緯がある。

 韓国政府では同日、チャーター機を新型肺炎が発生した中国・武漢市に派遣した。
 自国民を退避させる計画を発表したものの、感染拡大への不安が韓国社会でも広がっていることが明らかになった。

 韓国ではこれまでに4人の感染者が確認されており、最初の1人は中国人で、その他の3人は武漢市から帰国した韓国人だった。

 新型コロナウイルスは中国から広がっている。北朝鮮でさえ中国人の入国を禁止しているとのコメントも見られた。
 一時的にでも禁止すればウイルスの広範な拡散を防ぐのに役立つと主張した。

 反日・親北朝鮮政策を推し進め赤化統一を目論む韓国の文大統領府はまだ請願への公式な回答はこうした事情があり出してもいない。
 
 なお、諸外国による中国人の入国禁止措置についての質問に、大統領府の報道官は、世界保健機関(WHO)と緊密に協議しながら問題に対応すると述べるにとどめた。
 
    

  

« 日本人で初めての感染者 | トップページ | 中東和平案? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ