« 先物市場が織り込む利下げの時期の前倒しを予想 | トップページ | 娯楽を提供? »

2020年1月30日 (木)

刑務所送り

 

 韓国メディアの「ノーカットニュース」は反日・親北朝鮮政策に邁進している韓国
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が就任後3回目となる旧正月連休を迎えた」と伝え、「過去2回の時とは雰囲気がまるで違う」続けた。

 身から出た錆ともいえる変化でもあり、文大統領が就任翌年に迎えた2018年の初めての旧正月連休は
   平昌五輪
をきっかけに南北和解ムードを作り出し、南北関係改善に対する期待をメディアを使って意識の刷り込みが成功して高めることに成功した時期であった。

 昨年の旧正月連休も
   2回目の米朝首脳会談
を前に朝鮮半島の非核化と恒久的平和政策についての具体的な成果が期待されている時期を演出できた。

 現在の韓国は、文大統領が就任直後から進めてきた
   権力機関の改革作業
をめぐり与野党が激しい意見対立を起こしている。

 この上、4月の総選挙を前に陣営間の対立も最高潮に達している時期でもある。

 さらに、昨年2月の米朝首脳会談以降にこじれた米朝対話も再開の兆しがまったくみられず四面楚歌の中にあり救助の手を差し伸べる者はこれまでの素行の悪さから錆が出ており誰も助けはしない。

 そのため文大統領は、連休前半に例年通り帰省客へのあいさつを行った後は特に予定を入れず、国内外の懸案や今後の国政運営について「深く苦悩する」とみられていると伝えた。

 

ひとこと

 大統領選挙に敗れたのちに刑務所送りの夢を見るのだろう。

 

 

« 先物市場が織り込む利下げの時期の前倒しを予想 | トップページ | 娯楽を提供? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先物市場が織り込む利下げの時期の前倒しを予想 | トップページ | 娯楽を提供? »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ