« 地方自治に介入した動きは独裁政治に繋がり問題だろう。 | トップページ | 韓国の患者は2日間で倍増 »

2020年2月29日 (土)

リスクはチャンスの裏返し

 

 欧州最大の保険会社アリアンツの
   オリバー・ベーテ最高経営責任者(CEO)
はロンドンでブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、感染が急拡大している
   新型コロナウイルスの脅威
について、市場は過剰反応していると指摘した。
 

 世界経済は短期的な影響しか受けないとの見方を示した。

 新型ウイルスは「強力なインフルエンザ」に匹敵するものの、いまのところはパンデミック(世界的大流行)にはなっていない。

 同氏は、現時点でかなりのパニックが広がっているものの「それは正当化されない」と指摘した。
 
 短期的に経済活動は縮小し、世界の国内総生産(GDP)に影響を及ぼすだろうが、世界があす終末を迎えるというわけではないと続けた。
 
  
   

« 地方自治に介入した動きは独裁政治に繋がり問題だろう。 | トップページ | 韓国の患者は2日間で倍増 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地方自治に介入した動きは独裁政治に繋がり問題だろう。 | トップページ | 韓国の患者は2日間で倍増 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ