« 金儲け | トップページ | 狂った米国手法で経済を混乱化させる動きは定期的なもの »

2020年2月 7日 (金)

いつまでも韓国政府の放言を許すな!!

 

 反日政策を展開している文大統領率いる韓国の
   康京和(カン・ギョンファ)外交部長官
は6日に開いた記者会見で、強制徴用訴訟で判決前に
   判事の入れ替え
を行い、文大統領の意のままに動く判事に入れ替えた韓国大法院(最高裁)が
   賠償判決
を行ったが、この判決に基づき日本企業の資産を差し押さえたうえ現金化を強行した場合について、「時期が鍵になるが、司法手続きの一部分のため、韓国政府としては介入や予測できない状況」と何ら対応をしない旨宣言したうえ、「もし、現金化が行われれば、それ以前と以降の日本側との交渉戦略と対応は変わらなければならない」と言い放った。
 
 
ひとこと
 
 韓国政府の勝手な解釈など国際法に触れる行為を正当化する姿勢に対して、腰が引けた安倍政権や野党政治家などの対応では話にもならない。
 
 日本領土を侵略し続けている竹島を考えれば、経済関係は遮断すべきであり何を戯けたことを主張している韓国政府とは経済関係を遮断してしかるべきだ。
 
 日韓議員連盟や公共放送など韓流を作り出し、受信料を韓国の反日活動に資金提供しているような輩は叩き潰す必要があり、公共放送は解散させて民営化すべきだろう。
 
 
    

« 金儲け | トップページ | 狂った米国手法で経済を混乱化させる動きは定期的なもの »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金儲け | トップページ | 狂った米国手法で経済を混乱化させる動きは定期的なもの »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ