« 異なる意見 は力で封じ込める政府 | トップページ | 中間所得層向けに10%の減税を目指す可能性 »

2020年2月19日 (水)

政治闘争が激化するか?

 
 中国湖北省武漢市では昨年9月
   新型コロナウイルス
の発生を想定して、模擬演習を行っていたことが当時の報道を中国のネットユーザーが発見し、波紋が広がっている。

 武漢で昨年10月18日
   ミリタリーワールドゲームズ
が開催され、その準備作業の一環で9月18日、武漢天河国際空港で大会専用通路の試験運用を行った際、大会事務局は同日、空港で新型コロナウイルスの感染者が発見されたことを想定し、応急処置の演習を行ったという。

 当時の報道内容は現在発生している新型コロナウイルスを想定した者とも見られるという。

 記事によると、感染病調査、医学検査、臨時検疫ブースの設置、接触者の隔離、患者の移送、衛生処理などの応急措置の全過程を実戦方式で行ったと報道しているとのこと。

 昨年12月に発生した新型コロナウイルスの発生源について、中国当局は武漢市内の海鮮市場で販売された
   コウモリ
が原因だと決めつけたが、米医学誌ランセットなどが最初の41人の感染者を調査したところ、そのうちの14人は海鮮市場を訪れたことがないと分かった。

 そもそも、この市場ではコウモリは販売されていないという。

 新型コロナウイルスの発生源をめぐって
   武漢ウイルス研究所
のP4実験室によるウイルス漏えい説や人工合成説などの憶測が飛び交り、謀略的な試行といった話も出ている。

 

ひとこと

 ガセネタかどうかは不明だ。

 ただ、習近平の独裁的な手法に対抗する勢力からの暗殺未遂事件が起きているのも事実だ。  

 尖閣諸島にちょっかいを換え続ける中国軍の行動にも意識すべきだろう

  
 

   

    

« 異なる意見 は力で封じ込める政府 | トップページ | 中間所得層向けに10%の減税を目指す可能性 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 異なる意見 は力で封じ込める政府 | トップページ | 中間所得層向けに10%の減税を目指す可能性 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ