« カラ財布になりつつある | トップページ | 出席した会議に新型コロナ感染者がおり、文大統領も接触者として隔離対象 »

2020年2月26日 (水)

消費市場が冷え込む可能性

 

 米民間調査機関のコンファレンスボードが発表した2月の米消費者信頼感指数は
   130.7(前月は130.4)
と小幅に上昇し、6カ月ぶり高水準となった。
 期待指数の改善が寄与し、雇用の堅調や燃料安が信頼感の支えとなり
   新型コロナウイルス
の感染拡大に対する懸念を軽減していることを示唆した。
 

 ただ、エコノミスト予想では132.2と大きく低下していることに注意が必要だろう。
 

 期待指数は107.8に上昇、7カ月ぶり高水準だった。
 現況指数は低下し165.1と8カ月ぶり低水準という。

 

    

« カラ財布になりつつある | トップページ | 出席した会議に新型コロナ感染者がおり、文大統領も接触者として隔離対象 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラ財布になりつつある | トップページ | 出席した会議に新型コロナ感染者がおり、文大統領も接触者として隔離対象 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ