« 後出しジャンケンで報道の自由が守れるか? | トップページ | 衛生水準の低さは過去と同じになりつつある »

2020年2月24日 (月)

イラン北西部でマグニチュード(M)5.7の地震

 

 イラン北西部で23日、マグニチュード(M)5.7の地震があり、当局によると、イランで65人余りが負傷、国境を接するトルコでは子どもを含む9人が死亡した。

 米地質調査所(USGS)によると、グリニッジ標準時(GMT)午前5時53分(日本時間午後2時53分)にイランのハバシェオルヤ村付近を震源とする地震があった。
 
 震源はトルコとの国境から10キロ以内の場所で、テヘラン大学(Tehran University)地震学センターによれば震源の深さは6キロだった。

 

  

« 後出しジャンケンで報道の自由が守れるか? | トップページ | 衛生水準の低さは過去と同じになりつつある »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後出しジャンケンで報道の自由が守れるか? | トップページ | 衛生水準の低さは過去と同じになりつつある »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ