« 米国政治の信頼性が急降下 | トップページ | 豆腐 »

2020年3月16日 (月)

韓国航空業界の再編が起きそうだ

 

 韓国のアシアナ航空、ティーウェイ航空、ジンエアー、エアソウル、エアプサン、イースター航空などの航空6社は6日、日本行き路線を全面中断することにした。
 
 新型コロナウイルス感染症が韓国国内で拡大する以前と比較すると、韓日間の57路線が3路線(チェジュ航空と大韓航空だけがそれぞれ2路線、1路線)に縮小する。

 新型コロナの感染拡大が引き続き起きて居る韓国国内の感染状況もあり安倍晋三首相が5日、韓国・中国入国者を対象に検疫強化を発表した。
 韓国航空会社はもともと日本製品不買運動の影響で搭乗客が激減して閑古鳥が鳴いていたため半日ですべての日本路線の運航を暫定中断を決定した。
 
 来週月曜日(9日)から日本に向けたすべての航空機が運航をストップする。

 日本政府は「中国と韓国人は指定された空港(成田空港・関西空港)だけを利用でき、検疫所長の指定場所で2週間待機しなければいけない」という内容を発表した。
 この場合、観光目的で日本を訪問することは事実上不可能になる。

  

 
ひとこと
 
 反日運動の影響で利用客が激減していた韓国航空業界であり、活路を求めて拡大した中国や東南アジア路線でも韓国内の感染状況もあり利用者は大幅に激減してしまっている。
 

    

« 米国政治の信頼性が急降下 | トップページ | 豆腐 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国政治の信頼性が急降下 | トップページ | 豆腐 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ