« ニューヨーク市内で初の新型ウイルス感染者を確認 | トップページ | ユダヤ資本への優遇策か? »

2020年3月 4日 (水)

経済音痴が日本の屋台骨を破壊する

 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う日本経済への影響が統計に表れ始めたが無能な政権や中央銀行では対処すらできていない。

 主要なエコノミストらは景気後退色が一段と強まりつつあるとの見方を示している。

  

 バークレイズのエコノミスト
   山川哲史氏
らのグループは3日付の顧客向けリポートで、1-3月期の実質国内総生産(GDP)予想を
   前期比年率マイナス3.1%
に引き下げた。
 従来のプラス0.3%成長からは大幅な落ち込みとなっている。

 

 また、ゴールドマン・サックスもマイナス2.2%成長に予想を下方修正した。
 
 バークレイズとゴールドマンのエコノミストは下方修正の主な理由として、安倍政権が主導した大規模イベント自粛や学校休校の要請を挙げている。

 

ひとこと

 政治家には仁と徳が必要であるが、こうした者が無いのが政治を主導する日本の政界では経済は良くならない。

 誠実性の欠落があり、口先でごまかすことに長けているのでは話にもならない愚かさが見える。

 ただ、追及する野党政治家の資質の悪さも同程度以下だ。

 経済が混乱し社会不安が拡大する流れが強まれば大きな揺り戻しが起きても止むを得ないだろう。

 少数派の権益の拡大ばかりでは多数の負担が増えてきており、ドイツワイマール時代末期の混乱の収束手法が取られることにつながる可能性もある。

 阿呆な主張を繰り返す韓国の文政権の末路も悲惨になるが、いつまでも韓国の身勝手な主張を受け入れることは不要であり、軍事支配している日本領土の竹島の返還と賠償金を要求し、拒否すれば侵略している韓国軍に対して軍事行動を行い、撤退しなければ殲滅すべきだ。

 

    

« ニューヨーク市内で初の新型ウイルス感染者を確認 | トップページ | ユダヤ資本への優遇策か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニューヨーク市内で初の新型ウイルス感染者を確認 | トップページ | ユダヤ資本への優遇策か? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ