« 腰抜け首相 敵前逃亡の理由は言わず責任の転嫁か? | トップページ | 衛生状態の悪い韓国から逃げ出す人々 »

2020年3月 3日 (火)

「やや体調不良」?

 

 バチカン(ローマ教皇庁)は28日、2日連続で公式謁見を取り止めた
   フランシスコ教皇(83)
の健康状態について「やや体調不良」と説明し、重病説を否定した。
 ただ、具体的な病名には触れなかった。

 教皇は26日の一般謁見の際、風邪気味だったほか、同日の礼拝では咳をしていた。

 ブルーニ広報局長は声明で、教皇が28日朝、通常通りでバチカン内にあるサンタ・マルタ館の礼拝堂で司式したと明らかにした。
 また、「教皇はこの日の謁見を中止することが最善と判断した」と説明した。
 その後「軽い病気以外の診断を下す根拠はどこにもない」と強調した。

 イタリアでは、新型コロナウイルス感染で新たに4人が死亡し、国内での死者は21人に達したほか、感染者も888人と、前日の650人から増加した。
 
   

  

« 腰抜け首相 敵前逃亡の理由は言わず責任の転嫁か? | トップページ | 衛生状態の悪い韓国から逃げ出す人々 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腰抜け首相 敵前逃亡の理由は言わず責任の転嫁か? | トップページ | 衛生状態の悪い韓国から逃げ出す人々 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ