« 非難の応酬 | トップページ | 唐突な思いこみだけで説明不十分な政治家が独裁政治に走るリスク »

2020年3月 2日 (月)

北朝鮮で新型コロナウイルス感染が拡大し、体制崩壊が近い?

 

 北朝鮮公安当局等は北朝鮮に新型コロナウイルス感染者は発生していないと繰り返し主張し、密貿易が行われている中朝国境の人とモノの往来を表面的には遮断した。
 
 西側諜報機関の情報によると北朝鮮各地で新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)と疑われる症状で亡くなる人が相次いでおり当局が感染者の極秘集計を行っているという情報が把握されている。

 北朝鮮国内からの諜報活動で入手された情報では、政府の
   中央非常防疫指揮部
が集計した結果、1月から今月25日までに、高熱、咳、呼吸困難の症状を示し、死亡した人が全国的に23人にのぼる。
 この内訳は平壌7人、平安北道(ピョンアンブクト)の新義州(シニジュ)と義州(ウィジュ)8人、龍川(リョンチョン)4人、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の羅先(ラソン)2人、黄海南道(ファンヘナムド)の海州(ヘジュ)2人で、同様の症状で隔離されている人は82人に達するという。

 平壌と海州を除く各地域は、中国と国境を接していることから中国から流入した模様だ。
 
 また、平壌では中国で留学中だった学生から、海州では新義州で中国製品を買い付けていた商人から感染が広がったものと保健当局は見ていると伝えられた。

 北朝鮮の防疫体制は日本や韓国、中国などと比べ極めて脆弱で国民も、そのことを十分に理解しているという。
 
 感染者の大量発生は国民に大きな動揺をもたらし、金正恩体制の崩壊させる可能性が高い。

   

ひとこと

 体制崩壊に近づいてきており、金正恩が暴発する可能性がある。

 非難流民が38度線や中朝の国境を突破する可能性がある。

 衛生状態の悪い流民に押され、韓国からの避難民が押し寄せる可能性もあるが、入国させた場合に北朝鮮工作員も含まれる可能性があり非く受けはすべきではない。

 ABC兵器を用いての破壊工作活動を行う可能性が高いためだ。

   

    
  

« 非難の応酬 | トップページ | 唐突な思いこみだけで説明不十分な政治家が独裁政治に走るリスク »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 非難の応酬 | トップページ | 唐突な思いこみだけで説明不十分な政治家が独裁政治に走るリスク »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ