« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

2020年3月 6日 (金)

米国でも4月に一部のスーパーで品不足が起こる可能性

 

 中国メディアの新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は
   新型コロナウイルス
の世界的な感染拡大の影響により、日本に続き米国でも日用品などの買いだめが発生していると報じた。

 米ハワイ州の衛生当局が現地住民に対し、新型コロナウイルスの感染拡大に備えて14日分の食料、水、日用品の備蓄を行うよう提言したと紹介した。

 この情報に対応しホノルルのスーパーマーケットでは大量の市民がトイレットペーパーなどの物資を買い求めるために長蛇の列を作る光景が見られたと伝えた。

 また、カリフォルニア州でも大勢の市民がスーパーに押しかけて買いだめをする状況が発生している。

 新型肺炎の影響により米国内大手スーパーの
   供給ライン
にも影響が出ていることから、アナリストからは4月に一部のスーパーで品不足が起こる可能性があるとの指摘も出ていると紹介した。

 

   

« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ