« 都準備局次長 東京五輪、計画通りの実施に「いささかも変更ない」? | トップページ | 北朝鮮で新型コロナウイルス感染が拡大し、体制崩壊が近い? »

2020年3月 2日 (月)

非難の応酬

 

 シリア北西部イドリブ県でトルコ軍とシリア軍の全面衝突の懸念が高まっている。

 国連安全保障理事会は28日、緊急会合を開催し、各国が衝突拡大に対する危機感を共有した。
 一方、参加した理事では非難の応酬が繰り広げられた。

 会合では、会合開催を要請した米国や英仏独などから「シリアのアサド政権とその後ろ盾のロシアは軍事攻撃を即刻中止すべきだ」と名指しで批判が出た。

 当事国のシリアは「自分の国でテロとの戦いを続けているまでだ」と激しく反発した。
 
 これに対して、トルコは「シリアの子供たちをテロリスト呼ばわりするのは恥ずべきことだ」とアサド政権批判を繰り広げた。
 
 
   

ひとこと

 クルドへの対応だが、それぞれの派閥の権益確保という問題が複雑に絡み解決はほど遠い。

 過去の柵もあるためで、トルコ帝国時代の西欧各国の介入や植民地支配などだ。

 

 

    

« 都準備局次長 東京五輪、計画通りの実施に「いささかも変更ない」? | トップページ | 北朝鮮で新型コロナウイルス感染が拡大し、体制崩壊が近い? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都準備局次長 東京五輪、計画通りの実施に「いささかも変更ない」? | トップページ | 北朝鮮で新型コロナウイルス感染が拡大し、体制崩壊が近い? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ