« 精度に問題がある 「ドライブスルー」式の新型コロナウイルス検査 | トップページ | 論点が異なる »

2020年3月22日 (日)

言わない、知らせないというより、言わせない、言えない不自由な社会

   
 中国政府の調査チームは国営メディアに対し、李氏の医師としての功績を評価した。
 一方で、「一部の敵対勢力」は中国共産党を攻撃するため、李氏を体制に対抗する英雄だと決めつけているが、事実ではないと指摘し党への批判を封じ込める意図を示した。

 そして、「李氏は共産党員で、反体制派の人物ではない」と強調した。
 「下心を持った勢力が扇動しようとしているが失敗に終わる」と続け批判が強まる動きをけん制した。
 
 

 新型コロナウイルスをめぐり、中国の湖北省武漢で当局の公表前にSNS上で警鐘を鳴らした医師が処分されたことについて、中国国内の批判の高まりを懸念したのか習近平率いる中国政府は、処分は不当だったとする調査結果を公表し鎮静化に躍起となっている。
 
 新型コロナウイルスの感染が広がった中国・湖北省武漢の病院で眼科医として働いていた
  李文亮氏
は、当局が発表する前にSNS上で警鐘を鳴らしたものの、「デマを流した」などとして警察から訓戒処分を受けた。
 
 その後、2月になり李文亮氏自身も新型コロナウイルスに感染して死亡したことで当局への批判が相次ぎました。

 李氏への対応について19日夜、中国政府が調査結果を公表し、訓戒処分は不当で、法執行の手続きにも誤りがあり、処分を撤回し関係者の責任を追及すべきだと指摘した。

 これを受けて武漢の警察当局も処分を撤回し、李氏や遺族に謝罪するとともに関係者2人を処分したと発表しました。
 ただ、情報を統制する公安部門の工作か具体的にどういった誤りがあったかには触れることは一切していない。

 
  

« 精度に問題がある 「ドライブスルー」式の新型コロナウイルス検査 | トップページ | 論点が異なる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精度に問題がある 「ドライブスルー」式の新型コロナウイルス検査 | トップページ | 論点が異なる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ