« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

2020年3月 6日 (金)

海運業界が大打撃

 

 中国運輸省は2019年に、米中貿易戦争にもかかわらず、7月までの主要49港のコンテナ輸送量は
   1億3270万TEU(20フィートのコンテナ)
で、2018年の最初の7カ月と比較して4.5%増加したと報告した。

 当時、コンテナ船の顧客は、米中貿易摩擦の緩和で需要が急増し、コンテナの入札競争を引き起こすことを恐れて、価格を吊り上げていた。

 ただ、中国が工業生産を大幅に削減したことで、商品需要が減少し、製油所の操業も抑制されたため、コロナウイルスの発生は海運業界全体に打撃を与えた。

 

  

« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政府のマスク需給対策の効果を確認取材で感染者と接触 | トップページ | リーマンショック以上の信用不安が起きるリスクを抱え込み可能性 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ