« 政治的思惑では協議が足かせになりかねない | トップページ | 経済音痴の政治家では経済が縮小する動きを止めれず、より加速させる »

2020年4月17日 (金)

半分の報酬も能力に応じたものか?

 

 東京都の小池知事が17日に定例会見を開き
   緊急事態宣言
による休業要請に応じた事業者に支払われる予定の協力金について、他県から聞かれた「東京はお金があるから」という声に対して「私の報酬は全国一お安い知事になっている。(報酬を)半分カットしているという話だ」と応じた。
 
 
ひとこと
 
 五輪開催優先があだとなり、コロナ感染への対応が遅れた責任を考えれば、能力に応じた報酬であれば多すぎるだろう。
 別に能力がある知事であれば報酬は多くて当然だろう。
 
   

 

« 政治的思惑では協議が足かせになりかねない | トップページ | 経済音痴の政治家では経済が縮小する動きを止めれず、より加速させる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治的思惑では協議が足かせになりかねない | トップページ | 経済音痴の政治家では経済が縮小する動きを止めれず、より加速させる »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ