« 日本経済を破壊する動き | トップページ | コロナウィルスは米国か豪が起源ということ? »

2020年4月11日 (土)

新型コロナウイルスが数回の変異を経たものと判明?

 

 英国のとドイツの研究者は9日、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染経路に関する合同研究報告を「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表しました。

 この研究では
   遺伝子ネットワーク解析の技術
を利用することで、新型コロナウイルス肺炎の人類への罹患における
   初期の「変異ルート」
が再構築された。
 結果、新型コロナウイルスが数回の変異を経たもので、その最も原始的なウイルス株が米国とオーストラリアで多数発生していることが分かった。

 

 研究メンバーの英国ケンブリッジ大学の遺伝学者
   ピーター・フォースター教授
によると、研究チームは2019年12月24日から2020年3月4日までの世界各地の160の完全なウイルス遺伝情報を使用し、新型コロナウイルスには異なる3つのタイプがあることを突き止め、それぞれ「Aタイプ」、「Bタイプ」、「Cタイプ」と呼称した。
  
 Aタイプはコウモリとセンザンコウから検出されたウイルスに最も近い。
 このため、「新型コロナウイルス肺炎の根源」とされている。
 
 そのAタイプが2度の突然変異を経たものがBタイプ。
 また、CタイプはBタイプからの変異だという。

 

 Aタイプは、武漢市に滞在した米国人から検出されました。
 それ以外にも米国やオーストラリアの多くの感染者から検出された。
 なお、武漢市(中国)を含む東アジア地域で蔓延しているのは、Aタイプから派生したBタイプという。
 そのほとんどが東アジアでのみ発見されている。
 このため、この地域以外に住む人々がBタイプに対する抵抗力を持っているのではないかという説も浮上している。
 Bタイプから派生したCタイプはヨーロッパで主に流行しているタイプという。
 このCタイプはシンガポール、中国香港、韓国などでも報告されている。
 ただ、中国大陸部のサンプルには存在していないことが解った。
 この研究結果は、新型コロナウイルスが人類の中で最初に広がったのは2019年9月中旬から12月初めにかけてだと認めた。

 

   

« 日本経済を破壊する動き | トップページ | コロナウィルスは米国か豪が起源ということ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本経済を破壊する動き | トップページ | コロナウィルスは米国か豪が起源ということ? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ