« 覇権を確立させる目論見が失敗か? | トップページ | 北朝鮮への軍事侵攻の選択 »

2020年4月 3日 (金)

本質が理解できていない!!

 

 安倍晋三首相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策の策定を指示すると明らかにした。
 
 同日開く政府の対策本部で正式に指示するが会見では
   「リーマン・ショックを上回る」
と述べ、当時の対策の事業規模56兆8000億円を超え、過去最大規模にする考えを示した。 
 
 「スピードが求められている。10日程度でとりまとめる」と語った。

 首相は「これまでになく思い切った手を打っていく。かつてない強大な政策パッケージにする」と強調した。
 
 地方税の減免や中小企業の資金繰りを支援する金融措置を盛り込むと説明した。
 
 
ひとこと
 
 リーマンショックはサブプライムローンを金融派生商品に組み込んで世界中にばら蒔いたユダヤ系国際資本の工作が破たんしたもので1600兆円とも1800兆円とも言われる資金が霧散した。
 この時の対応で、融資資金の金利返済のみで元本返済を猶予させる方策を取ったが、これにより、逆に事業を縮小し或いは一時廃業して、次の拡大に備える準備などをせずに、より大きな負債を背負ってしまい倒産した事業主が多く見られた。
 
 単純思考で経済論理を意図的にへし曲げる弊害は、より大きな害を経済に与えるという理屈がわかっていない。
 
 リーマンショックももとはLTCMの救済措置で違法な取り組みをFRB総裁のグリーンスパンが行ったためだ。
 
 
  

« 覇権を確立させる目論見が失敗か? | トップページ | 北朝鮮への軍事侵攻の選択 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覇権を確立させる目論見が失敗か? | トップページ | 北朝鮮への軍事侵攻の選択 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ