« 新型コロナウイルスが数回の変異を経たものと判明? | トップページ | 中国から購入した60万枚のマスクの回収を発表(オランダ) »

2020年4月11日 (土)

コロナウィルスは米国か豪が起源ということ?


 ケンブリッジ大学は、新型肺炎の感染拡大の根源となったのはAタイプの新型コロナウイルスであるとする論文を発表した。
 
 この論文では「Aタイプのウイルスは米国とオーストラリアに集中的に現れている。その一方で、武漢市で発生したのはAタイプから変異したBタイプであった」ことを明らかにした。(参考資料)

 ケンブリッジ大学では新型コロナウイルスがA、B、Cの3つのタイプに分けられることや、それぞれのタイプの感染経路について研究報告を発表した。
 
 Aタイプは米国とオーストラリアの患者から多数検出された。
 ただ、武漢市では市内に生活する米国人を中心にごくわずかに見つかっただけであった。
 
 このAタイプ、コウモリやセンザンコウから検出されたウイルスに最も似ている。
 研究によると今回の感染拡大はAタイプに起因しているものと結論付けた。

 また、中国武漢市などで検出されたウイルスのほとんどがBタイプであった。
 
 ただ、このタイプのウイルスは中国を除く東アジア以外には拡大していない。 

 また、欧州で多いのはCタイプのウイルスで、こちらはアジア地域の中国香港、シンガポール、韓国などでも検出されている。

 しかし、中国大陸部では見つかっていないものだという。
 
 これらのウイルスはAタイプからBタイプへ、BタイプからCタイプへと変異したもので、Aタイプがこれらの根源であるということになる。

 なお、今回の研究では先史人類の人口流動を追跡するための
   デオキシリボ核酸(DNA)分析
と同じ手法で実施され、新型コロナウイルスの感染経路の研究にこの手法が活用されるのは今回が初めてという。
 
 
ひとこと
 
 この変異が自然に起きたのか、それとも人為的に行われたものか不明だが、短時間に変異して行く恐ろしさがある。
 
 
  

« 新型コロナウイルスが数回の変異を経たものと判明? | トップページ | 中国から購入した60万枚のマスクの回収を発表(オランダ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナウイルスが数回の変異を経たものと判明? | トップページ | 中国から購入した60万枚のマスクの回収を発表(オランダ) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ