« 中国と欧州の間に破壊的な亀裂が入った可能性 | トップページ | 経済浮揚策を早急におこなう必要 »

2020年4月24日 (金)

米国で豚肉加工施設の閉鎖

 

 米国食肉加工大手の
   タイソン・フーズ
は22日、作業員の新型コロナウイルス感染に対応し同社
   最大の豚肉加工施設の操業
を今週半ばから無期限に休止すると明らかにした。

 同施設ではこれまで、作業員の欠勤で稼働率が低下していたという。
 この先、作業員2800人を招いて同施設でウイルス検査を実施し、その結果を考慮して操業再開のタイミングを決める方針を明らかにした。

 また、新型コロナ対応策として、作業員の検温やマスク支給、作業エリアの間仕切り設置、休憩スペース拡大などを行っていると明らかにした。

 作業員のウイルス感染や家畜の供給超過が食肉供給を脅かす米国では、主要豚肉加工施設の閉鎖が相次いでいる。

 これより先、ブラジルのJBSはミネソタ州工場の無期閉鎖を、米スミスフィールド・フーズはサウスダコタ州工場の操業休止をそれぞれ明らかにしていた。

 これらは合計すると米国内の食肉加工能力の約15%に相当する規模。
 米国では冷凍肉の在庫水準が高いものの、豚肉卸売価格は急伸している。
 
  

« 中国と欧州の間に破壊的な亀裂が入った可能性 | トップページ | 経済浮揚策を早急におこなう必要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国と欧州の間に破壊的な亀裂が入った可能性 | トップページ | 経済浮揚策を早急におこなう必要 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ