« 米国情報当局が金正恩の所在を確認 | トップページ | 北朝鮮が中距離ミサイル発射実験を実施する兆候 »

2020年4月27日 (月)

社期的距離の制限を14日延長(香港)

 

 香港は社会的距離に関する制限をさらに続ける。

 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は21日、諮問機関の行政会議会合前に開いた記者会見で、23日に期限を迎える
   社会的距離を巡る措置
を14日間延長することを発表した。
 
 会見で「警戒を緩めるタイミングではない。さもなければわれわれの努力が無駄になる」と1日当たりの新型コロナウイルス感染者は減少しているが、予防措置として説明した。

 シンガポールやニューヨークなどに比べて香港は新型コロナ感染拡大の抑制に現時点で成功している。
 
 20日は先月5日以来となる新規感染者の報告がゼロだった。
 また、3月半ば以降、死者は出ていない。

 香港は中国武漢からの渡航者が多いこともあり、旧正月の中国本土からの人の移動を制限し、1月後半から2月前半の段階で、学校や政府庁舎の閉鎖など社会的距離を制限する措置を講じ、迅速に動いていた。
 
 
ひとこと
 
 日本政府や東京都の五輪開催優先というマスコミの支援もあった対応とは全く異なり、国民の健康や安全、安心に対するリスクへの対応が思考の最優先となっていたのだろう。
 
 情緒的な説明しか出来ない政治家では国益は守れない。
 
 
   

« 米国情報当局が金正恩の所在を確認 | トップページ | 北朝鮮が中距離ミサイル発射実験を実施する兆候 »

タイムライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国情報当局が金正恩の所在を確認 | トップページ | 北朝鮮が中距離ミサイル発射実験を実施する兆候 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ