« 日本国民の健康を悪化させた背景 | トップページ | 道化の大統領の放言で多くの犠牲者が出た様なものだ!! »

2020年4月10日 (金)

航空会社の利用者が激減

 

 米国では新型コロナウイルス対策としての外出制限が強化される中
   航空便利用者数
はNYでのコロナ感染被害の発生が抑制で瑕爆発的に増加している状況もあり、過去3週間で急減、7日に10万人の大台を割り込んだ。
  
 米国運輸保安局(TSA)がまとめたデータによると、7日に全米の空港で保安検査場を通過した人は合計9万7130人にとどまった。これは前年同日を95%下回る水準という。
 
 米国では3月16日には130万人(前年同日比47%減)が利用していた。 
 ただ、TSAによるとこの数には空港の作業員や航空機乗務員も含まれるため、実際の旅客便利用者数はさらに少ない。
 
 航空を専門領域とするマサチューセッツ工科大学の
   ジョン・ハンスマン教授
は「これが過去最大の持続的減少であることは疑問の余地がないだろう」と指摘した。
 「恐ろしいのは「回復時の明確な軌道が存在しないことだ」と指摘、「ワクチンが開発されて普及するか集団免疫ができるまで旅行には障壁が残ることになり、どういった需要があるかははっきりしないが、需要回復のペースは遅いだろう」と分析した。

 

 

ひとこと
 米国航空業界は壊滅的な被害を受けることになりそうだ。
  
  

« 日本国民の健康を悪化させた背景 | トップページ | 道化の大統領の放言で多くの犠牲者が出た様なものだ!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本国民の健康を悪化させた背景 | トップページ | 道化の大統領の放言で多くの犠牲者が出た様なものだ!! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ