« 次世代戦闘機は日本企業が開発すべき | トップページ | 法輪功学習者が臓器移植を行う際に最も豊富な「臓器ソース」と位置づけ(中国) »

2020年4月14日 (火)

フランスの飛行機のパイロットが新型コロナウイルスに感染し、中国製マスクが手に入らず。

 

 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報」によると、中国から購入した
   大量のマスク
を受け取るべく上海に到着したフランスの飛行機のパイロットが新型コロナウイルスに感染していることが判明、マスクを持ち帰れない事態になったと伝えた。

 この記事は、ドイツRTLテレビのフランス語版サイトの7日付の報道を引用した。
 
 フランスが中国から購入したマスク1600万枚を受け取るために上海に派遣された飛行機を操縦していたパイロット3人のうち1人に
   新型コロナウイルス検査
で陽性反応が見られたため、即時隔離されたと伝えた。

 この影響により、6日にフランスに到着予定だったマスクは上海からの離陸許可が出ないため、今なお現地から輸送できない状態となっている。
 
 なお、中仏両国が現在、解決策を模索中だという。

  

    

« 次世代戦闘機は日本企業が開発すべき | トップページ | 法輪功学習者が臓器移植を行う際に最も豊富な「臓器ソース」と位置づけ(中国) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次世代戦闘機は日本企業が開発すべき | トップページ | 法輪功学習者が臓器移植を行う際に最も豊富な「臓器ソース」と位置づけ(中国) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ