« 日本が飢饉に遭遇すれば3000万人しか生き残れない。 | トップページ | 傲慢な姿勢のままの韓国には経済政策を強化が必要 »

2020年4月30日 (木)

杜撰な防疫体制が致死性の高い欧米コロナを日本に拡大させた!!

 

 日本の国立感染症研究所は27日、3月以降に日本国内で広がった
   新型コロナウイルス
は、(致死率の高いウィルスの変異した)欧米を経由して日本にもたらされた可能性が高いという研究結果を公表した。

 同研究所は、PCR検査で陽性と判定された日本国内の約560人の検体から、ウイルスの
   ゲノム(全遺伝子情報)
を解読したという。

 また、同研究所は、世界各国から患者約4500人のウイルス情報も取得したうえでウイルスの遺伝子特徴を分析した。


 同研究所は世界各地で感染が広がっている新型コロナウイルスの遺伝子を調査し、現在急速に広がっているのはどのウイルスなのかを発見することを試みた。
 
 その分析結果で、現在日本国内で確認されるようになったウイルスは、武漢市で確認されたウイルスよりも、欧州各国で感染を広げたウイルスの遺伝子に特徴が近く、3月以降、欧州など海外からの旅行者や帰国者を通じて日本の各地にもたらされ、数週間で日本全国に広がった可能性があると指摘した。 

 日本の防疫体制の問題であり、安倍政権の責任が重い。
 日本国民の健康と引き換えに、欧米からの感染帰国者などを対策なく引き入れたことは重大な失政で、日本経済を奈落の底に突き落としたことと同じだ。
 
 
    

« 日本が飢饉に遭遇すれば3000万人しか生き残れない。 | トップページ | 傲慢な姿勢のままの韓国には経済政策を強化が必要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本が飢饉に遭遇すれば3000万人しか生き残れない。 | トップページ | 傲慢な姿勢のままの韓国には経済政策を強化が必要 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ