« 政権の終末が近づいている感じ | トップページ | 政治的思惑では協議が足かせになりかねない »

2020年4月17日 (金)

仲良しクラブの発言では?

 

 高市総務大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた10万円の一律給付の時期について、当初予定していた収入が減少した世帯への30万円の現金給付よりも早くなるという見通しを示した。

 収入が減少した世帯への30万円の現金給付に代わって、10万円の一律給付を行うことについて、高市総務大臣は記者団に対し
   君子豹(ひょう)変す
ということばもあるが、真のリーダーは実行するぎりぎりまで熟慮し、必要な時は方向性を変えるものだ。安倍総理大臣の決断を高く評価すると評価した。

 そのうえで「これまで総務省の担当部署が30万円の現金給付の対象などについて
   夜も寝ずに検討を進めてきた
と主張したが、10万円の一律給付のほうが、補正予算案の提出が数日遅れたとしても、結果的にはシンプルに早く、多くの方々に現金が行き渡ると思うと続けた。 
 
 
ひとこと
 
 何を言っているのか理解しているのだろうか、そもそも、先に行た計画の杜撰さや地方自治体への負荷で大幅に遅れる可能性すら検討してこなかった無脳さを曝け出したことすら気付いていない為体で葉話にもならないだろう。
 
 
    

« 政権の終末が近づいている感じ | トップページ | 政治的思惑では協議が足かせになりかねない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政権の終末が近づいている感じ | トップページ | 政治的思惑では協議が足かせになりかねない »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ